ヨーロッパの水

*

ヨーロッパの水

イギリスやイタリア・フランスなどのヨーロッパへ旅行に行くとき、気になるのが”水”ですよね。
日本と違って硬水だったり「水道水は飲んじゃダメ」と、日本とは少し違った事情あるので、とまどうのも仕方ありません。

ヨーロッパの水の硬度

ヨーロッパと言っても地域によって水の硬度は違いますが、基本的には高めです。
日本の水の硬度は平均50~60程度ですが、ヨーロッパは100~300ぐらいあります。

無殺菌の生きた水

ヨーロッパの水は、統一基準によって殺菌処理が禁じられています。
ヨーロッパでは体に影響を与える菌が入った「生きた水」でなければ意味がないとされてきました。

そのため、源泉に関する細かな規定はもちろん、ボトリング法やラベル表示にまで言及しています。
採水地の水源管理は厳しく、水質が汚染しないように採水地の周囲数万ヘクタールも環境保全が徹底されています。

ミネラルの含有量が豊富

国産の水はミネラルの少ない軟水が多いのに対し、ヨーロッパのミ水はミネラル分の多い硬水が多いです。
そして、ミネラルバランスがよいのもヨーロッパの水です。

最近はミネラル不足の現代人が増え、ミネラルの働きが見直されています。
ミネラルは体内で合成されないため、食事や水からとらなければなりません。
簡単にミネラル補給ができることも輸入の水の魅力になっているようですね。


ヨーロッパの水関連ページ

ミネラルウォーターの必要性
私たちは、普段のどが渇いたら水を飲みますね。 でものどが渇いた状態はすでに体の水分量の1%が喪失した兆候で、脱水状態に突入したことを知らせるシグナルなのです。 この状態の時、すでに血液粘度も高まっているのです。 水分の体 […]
ミネラルウォーターの効用
ミネラルウォーターを飲んで便秘解消から美肌効果まで ミネラルウォーターをたくさん飲み人ほど健康で、若さを維持しています。 体を最良のコンディションに保ってくれるまさに最強の良薬なのです。 ミネラルウォーターの効用 ◆脳梗 […]
水を飲む理由
水道水は、まずい、カルキ臭いなどの利用で、今やミネラルウォーターは飲み水として定番になってしまいました。 日本人1人あたり、年間2?ペットボトルを約10本飲んでいる計算になるくらい、利用する人はますます増加傾向にあるそう […]
ミネラルウォーター比較
ミネラルウォーターの歴史 日本のミネラルウォーター第1号は「富士ミネラルウォーター」(堀内(株))が開発・販売した1929年。 その後1967年、ウィスキーの水割りの流行で、ニッカやサントリーが業務用に商品化。 1990 […]
ミネラルウォーターは生活費需品
ミネラルウォーター(Mineral water)とは、容器入り飲料水のうち、地下水を原水とするものを言います。日本では特に、原水の成分に無機塩添加などの調整を行っていないものは、ナチュラルウォーター・ナチュラルミネラルウ […]
ミネラルウォーターの種類
日本のミネラルウォーター基準は複雑に分類されており、気候、気象、地質、地形とも深く関係しているからです。 ミネラルウォーターには「ナチュラルウォーター」と「ミネラルウォーター」に分かれます ナチュラルウォーター 特定水源 […]
水のとり方
毎日の必要な水分補給量は1.2?。 これだけの水を飲まなければならないからといって、ガブ飲みしてはいけません。 一気に大量の水を飲むと体温を奪って、血管を収縮させ、吸収能力を低下させます。 また、ガブ飲みすると、その刺激 […]